にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宇宙人・UFOへ
にほんブログ村
Img_a85e9f19d9dc6749d0501927b999bd26

(上段の画像)

左側はアダムスキーが撮影した8ミリフィルムのコマ

右側は半分に切った模型を透明な板に貼り付けたもの

左の円盤が歪んで見えるのは船体磁場の影響だという

右の模型写真を後ろに傾けて写すとなぜか同様に写る

どちらも底辺の輪郭(赤ライン)は常に綺麗な一直線

底辺の輪郭は模型を透明板に貼り付けた境界線なので

模型を前後左右のどちらに傾けても常に直線に見える

見かけ上の変形は右側のスカート部分のみ(緑ライン)

円盤の左半分には全く歪みは見られない(黄ライン)

それは模型を傾けた際の見かけ上の歪みと完全に一致

スカートの右下の歪みが角張った形になっているのは

電磁場による見かけ上の歪みにしてはきわめて不自然

これらの明白な証拠から目を背け続けているのが信者


(中段の画像)

左側のアダムスキーの円盤写真の窓はなぜか真っ黒で

日光を反射しているはずの窓のガラスが確認できない

しかしひとつの丸窓の中に白く丸いものが写っている

右側のランタンの丸い穴にも同様のものが写っている

ガラスがないために反対側の丸い穴が見えているのだ


(下段の画像1)

アダムスキーの円盤フィルム(左)と円盤写真(右)

左は磁場の影響で底部の構造部分が見えないというが

半球の影が綺麗に写っているので平らな面だと分かる

左は木製で左はランタン&ピンポン玉なので仕方ない

左の模型は半分に切ったので2個の半球と切り株のみ

3個の球によるフリーエネルギー発生原理が崩壊する


(下段の画像2)

アダムスキーのフィルム(左)に写った謎の閃光は

船体から発してはいないので説明がつかなかったが

模型を貼った透明版に光が反射する位置と一致(右)

よって透明版に模型を貼り付けた証拠の一つとなる